現実

現実を見つめ直す。

音楽を聴く環境を考える

今日のBGM:Exodus『Bonded by Blood』

Bonded By Blood [Analog]

Bonded By Blood [Analog]

 

 

最近2000年代以降のニューメタルを中心に聴くことが多かったのですが、初心に戻って80年代のスラッシュメタル全盛期の名盤ないかなーということで、ベイエリアスラッシュの代表格のExodusを聴いてみました。もっと自分に表現力があれば、いつか自分のよく聴く音楽のレビューとかもまとめたいのですが、そういった力もないので、毎回のブログの先頭に簡単にまとめるような形でも表現できるかなということで、やってみたいと思います。

ベイエリアのメタルは正直あまり聴かないです。速さはスレイヤーの方が上ですが、このザクザクするリフが最高なんじゃぁ。まさにスラッシュメタルのど真ん中。間違えなくスラッシュ史上の名盤。難点はジャケットが一瞬何を表しているかわからないってとこですかね。時代的には黎明期ですが、この黎明期のサウンドが実は最もレベルが高かったりする。時代を下っても、この時期のサウンドに勝るものって、あんまりないんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

さて、ヘッドホンをHD25に変えて、イコライザー効かせたメタルを聴いている時ほど幸せを感じることはないです。このヘッドホン中低音の迫る感じがとてもメタル向きでスラッシュメタルデスメタルなどメタル好きでも特に層の厚い部分をカバーしてくれると思います。

 

saya1988.hatenablog.com

 上のブログでも紹介しているのですが、締め付けが強い、コードが右だしで長い以外は満足しています。

 

 

ところで、私はウォークマンのA50シリーズを使っているのですが、最近はandoroid搭載のストリーミング対応になったA100シリーズが発売されてるみたいです。

 

 

現物も見ましたし、いろいろ動画も漁って仕様とかも確認したのですが、A50の方を今年購入して、まだまだ使い倒していない状況なので、自分は買い換える予定はありません。

 

ストリーミング自体はすでにapplemusicで堪能しているのですが、A50シリーズでもレシーバー機能を使えば聴けること、andoroid搭載とかの仕様変化によりバッテリーの保ちが悪いみたいというのが、あまり買い替える気持ちが沸かない理由でもあります。

おそらく、ワイヤレス環境でウォークマン品質の音質を体験できるというのがストリーミング対応のウリだとは思いますが、現状iPhoneで事足りてますし、音質面では有線には勝てないと考えているので、あくまで現時点では魅力には感じていないですね。

 

現状A50の方も、3日に1回ぐらい充電してます。私は電源を完全オフすることなく、曲の再生を一時停止したまま寝かせてしまうことが多いので、公称通りのバッテリー持ちが実現できていないのですが、それでも3日程度は持つので、一応満足はしています。iPhoneで音楽聴いていると凄い速さでバッテリーがなくなるので、音楽を日常的に結構聴く方はやはり専用プレイヤーを持つことをオススメします。

 

ウォークマンの音質面については、ウォークマン自体に上位機種があったり、他社でも色々なDAPがありますが、結局は自分の好みにあったサウンドを鳴らしてくれるプレイヤーやイヤホン・ヘッドホンを探すことが、闇雲に投資するよりも有意義なのではないでしょうか。

 

普段クラシックばかりを聴いている方にHD 25はあまり相応しくないでしょうし、高価なイヤホンとそこそこの値段のイヤホンを普段使っているけど、値段が安いイヤホンの方が良い音に聴こえる・・・とかはその音が自分の好みではなかったり、普段よく聴く音楽にそのイヤホンがあまりあっていなかったりと色々な要因が絡み合って、自分の音楽を聴く理想的な環境が揃うのではとも考えたりします。

 

そこまで辿り着くには多くの種類のイヤホンを試してみたり、色々な音楽を聴いてみる必要があったりと、長い道のりにはなってしまいそうですがね。人の時間は有限なので、当然聴ける音楽の量も限られるでしょうし、当然のように全てのお金を音楽に投資などできるわけないですから、ある程度の妥協というのも考えなくてはならないでしょう。