現実

現実を見つめ直す。

ワイヤレスが主流の中、有線ヘッドホンを使います【ゼンハイザーHD25】

最近アクセス数が下降気味のため、いろいろと更新ペースを高めていきたいと思います。

 

 

まずですが、先日発表されたAirPods Proについて。

私は初代AirPodsを持っていて、その利便性に最初のうちは歓喜していたのですが、音質にもこだわり始めていた自分にとっては、他に完全ワイヤレスイヤホン のかなり質の高いものが流通し始めていたので、思い切って買取してもらいました。つまり、今はAirPodsに関するものは何も持っていません。

saya1988.hatenablog.com

 

 

こうした中、発売されたProですが、音質の面でもインナーイヤー型からカナル型へと変更されていて、しかもノイズキャンセル機能付きと、完全ワイヤレス型といったらこれ以外の選択肢はないぐらいまで完成度の高いイヤホンになっていて自分でも即買かな・・・と思っていたのですが、しばらくは見送ることになると思います。

 

 

 

理由としては、現在、音楽を聴く環境が完全にウォークマンを通してで、スマホからはほとんど聴きません。そのため必ずしもAirPodsの利便性が必要ではないということ、ウォークマンで聞き出してからは「音質」についてもかなりこだわり始めてしまったこと、などが挙げられます。

AirPodsProの音質はそこまで悪くない、ということはいろいろな方面から聞いてはいるものの、「音楽専用プレイヤーから有線で繋いで聴く音楽の質の豊かさ」にスマホでは完全に追いつくことはできないので、自分の聴き方としては、有線メインにしてもいいのでは、と。(まあTW−7000sというかなりパフォーマンスの高いワイヤレスイヤホン を持ってもいるので、無線環境もしっかり整っている、というのもあるのですが。)

saya1988.hatenablog.com

 

 

こうした理由から、世間ではAirPodsProで盛り上がっている中、自分はゼンハイザーの名機であるHD25を購入しました。

 

 誕生してから約30年のロングセラーで名称もいろいろと変わっているみたいですが、自分は最新型番の上記のものを購入しました。

 

 

こちらを購入した主な理由としては、メタルをとことん楽しむためです。音楽環境を考えた時、自分が主に聴く曲の傾向が8割近くHR /HMのため、クラシックや女性ボーカルの高音の強調などを主眼としたヘッドホンやオールマイティに使えるヘッドホンでは楽しむことができないのではと感じました。

 

 

こうした中、いろいろと調べてみると、価格帯的にも重低音を強調したメタル向きのヘッドホンの代表格として挙げられていたのが、こちらのHD25であったため、試聴機にて試してみた後に、購入してみました。

 

f:id:saya1988:20191103164135j:plain

f:id:saya1988:20191103164145j:plain

f:id:saya1988:20191103164154j:plain

写真の位置がわかりづらくて大変恐縮ですが、見た目はどこかのレビューサイトにもあるようにかなりプラスティックな感じで、スタイリッシュではありません。ヘッドホンは見た目が一番重要だ!という方は、この時点でよく考えた方がいいです。

 

 

気になる音質ですが、メタルを聴くと凄まじい!の一言です。聴き始めの1時間ぐらいは、大したことないかな?と不安になったのですが、しばらく聴き込むと重低音はかなり迫力があり、いくつかのレビューの通り、激しく重めな音楽には大変相性が良いのでは、と感じます。

 

 

イヤホンではありますが、低音が最も凄まじいSONYMDR-XB75APを所有しています。イヤホンとヘッドホンというそもそもの規格と価格帯という大きな違いはあるものの、前者は低音の迫力を強調するが故にそのほかの部分を犠牲にする部分が大変多かったのですが、後者(HD25)は低音の唸り具合ももちろんですし、低音の迫力に高音部が消されることなく、しっかりと表現できていて完成度という点ではこちらのHD 25が圧倒していると思います。

 

 

 

 

短所としては、最初に挙げたデザイン。上の写真にもあるようにオンイヤー型なのですが、いろいろと線があったりで見た目としてはスタイリッシュではないです。女性がつけていたら、いろんな意味で目立つ存在になるかも。あと、なぜかコードが右から伸びてます。私も多くのヘッドホンを持っているわけではないので、特段意見を言える立場ではないのですが、右コード出しだと今のところ使ってみて、右利きにとってはとても使いづらいです。私の使用用途としては外出先のカフェや電車に乗る際に使っているのですが、使用頻度が一番高いスマホを右ポケットに入れているので、音楽プレイヤーは左ポケットに入れるのですが、その場合、ヘッドホンコードが体の正面でクロスすることになります。

 

 

 

あとは、これもいろいろなレビューサイトで言われていることですが、締め付けが強めです。ただこれは締め付けを強くすることでヘッドホンと耳への接触が密になり、音の迫力が表現できているのでは、という説もあるので一概に短所としては括れないかもしれません。現状使っている感じでは、強めだけど思ったほどではない、といった印象です。

 

 

 

 

 

後半では短所についても書きましたが、聴く曲の大半がメタルやハードロックの自分にとっては、大変良いヘッドホンでございます。

また、ヘッドホンの話題とは少しズレますが、スマホで手軽に聴く音楽も良いですが、DAPなどの音楽専用プレイヤーから聴く音楽も良いですよ。私はスマホDAP両方聴ける環境にありますが、特に音質面で、それぞれで聴き比べをすると、明らかに専用プレイヤーで聴いた方が、音が豊かで音楽を楽しめると思います。

 

DAPについては、ウォークマンの最新型でハイレゾを気軽に楽しめるAシリーズとかがおすすめです。ちなみに私は一年型落ちのA 50シリーズを持っていますが、こちらも使い勝手は良いですよ。