現実

現実を見つめ直す。

作品紹介『孤独の歌声』

永遠の仔』っていうドラマが昔やっていた(実は見たことはないけれども)。

 

そのドラマの原作者のことも知っていた。

 

 

そんな天童荒太のデビュー作がこの『孤独の歌声』なんです。

これがデビュー作ってやっぱり、才能あるよな・・・。

 

孤独の歌声 (新潮文庫)

孤独の歌声 (新潮文庫)

 

 家族関係を扱った小説で有名な作家ですが、この小説も、一部家族愛を扱っています。

 

内容としては、主な登場人物3人の視点から巷を騒がせている猟奇殺人事件を軸に構成されていて、次第にそれぞれの人物の物語が収斂していく・・・という感じです。

 登場人物の心理描写や、各人物の「過去の心の傷」を繊細に描写していて、物語へ没頭できます。

 

 

タイトルが『孤独の歌声』という悲しさを感じさせるものなのですが、いずれの主要人物も、心に傷を負っており、そのことで、世界からの『孤独感』を感じています。

「世間に認められず、若さゆえに反抗してしまう青年」「幼少期のとある事件を心の傷として負っている女性警察官」、そして、「親子関係の中でどうやら「心の傷」を負ってそれが大人になっても解消できない男」(基本的に狂ってはいるが、心理的背景という点では一番考えるべき)など、本作の内容はかなりハードだと思います。

 

特に、「ある人物」の生い立ちや、殺人の描写などは、かなり衝撃的なので、ページを捲るときに少々覚悟をすることが求められるかもしれません。「グロテスクなものは一切受け付けません!」「喜劇しか小説は読まないんです!」という方は読むことを少し考えたほうがよいかも・・・。

 

 

 

 

良いなと思ったのが、やっぱりラストシーン。それぞれの人物が負った傷がどのように解決し、それを乗り越えていくのか、とても印象的なシーンで、とても感動します。何より、人物描写が素晴らしいので、改めて「小説っていいな!」という感動を覚えることが出来ると思います。

 

 

あと、この小説は大人向けですね。大人になってからこそ、こういう登場人物の心理に感じることが出来ると思います。ただの暴力描写がキツイ小説ではなく、人間の心理、成長の意味を考える小説だと思います。