現実

現実を見つめ直す。

キャスターマイルドの良さ

私は喫煙家です。

喫煙歴は約10年になります。

 

 

吸うようになったきっかけは、一番は好奇心だと思います。今ではタバコを吸う人がかなり迫害されていますが、タバコがきっかけでコミニケーションが取れたり、良いこともありました。

 

 

 

ここ数年で町中の喫煙スペースが無くなりました。

昔はJRの駅内にも喫煙スペースがあって、大学の帰りとか、駅の喫煙所でタバコを吸っていたら電車乗り過ごして、授業に遅刻するということがよくありましたね。

 

 

 

ただ、マナーだったり、煙の漏れだったりがひどく、タバコが嫌いな人にとっては、とても避けたい光景だろうな、とも感じたことがあったので、少なくとも公共スペースでの禁煙化には賛成です。特に駅の喫煙スペースは吸う私にとっても、タバコの匂いがきついな、と。電車に乗ると匂いが密室に蔓延するじゃないですか。それが嫌なんですよね。タバコは吸う癖に人のタバコの匂いは嫌いなんです。

 

 

 

 

 

学生の頃はいろんなタバコを試してみたく、よく銘柄を変えていました。

 

 

 

比較的吸っていたのが、マルボロメンソールライト略してマルメン。タバコの味とメンソールの爽やかさがいいバランスで愛煙家におすすめできるロングセラーですね。

ただ、タールが高すぎて、自分で吸うのはかなりきつかったのでタールは多くても5ぐらいが限界だと気付いてからは、比較的落ち着いた味のタバコを求めるようになりました。

 

 

 

今やタバコの種類もだいぶ淘汰されてきて、いろんな種類のタバコが出ている中ですが、ここ5、6年安定して吸っているのが、ウィンストン、つまり昔のキャスターマイルドである。最近はデザインも名前も一新しましたが、基本的な味はあまり変わっていないと思います。

f:id:saya1988:20190625000017j:plain

 

 

 

 

このタバコはバニラ風味で香りが特に素晴らしく、本当に吸いやすい。マルボロとかだと、結構辛くてなかなか継続して吸いにくい人でもおすすめ。

 

 

 

実はキャスターマイルドを安定して吸い続けている間にも、何度か他の銘柄に浮気をしてまして、その度にキャスターの良さを再確認して、また買い直してしまうんです。

 

 

 

何よりも吸いやすい。喉越しも痛くないし、バニラの甘い香りがなかなかに素晴らしい。