現実

現実を見つめ直す。

私とV系~蜉蝣~

蜉蝣を積極的に聴くようになったのは、ボーカルの大佑死亡後であったので、リアルタイムに蜉蝣を聴くということは叶いませんでした。

 

バンドの世界観としては恐ろしく後ろ向きでその中に微かに希望の光が見え隠れしているといったものです。曲の構成もかなり激しいものが多く、当時はDIR EN GREYの影響を少なからず受けているバンドが多かったです。ボーカル大佑とDIRの京はかなり親しい関係性でしたしね。

 

その中でも蜉蝣はかなり個性があるバンドでした。曲の構成や世界観、基本として和っぽい雰囲気など、他バンドとは一線を画すオリジナリティがありました。曲によっては、かなりエロ系、グロ系、鬱っぽいものが多いので、聴く人を選ぶとは思いますが、そういう雰囲気が好きな人はたまらないバンドですね。疾走系の曲も多く、「ゆびきり」、「Lily」、「縄」など良いメロディーです。

 

アルバムを選ぶとすると、個人的には、ベストアルバムである『心中歌』がおススメです。これを聴いて蜉蝣の世界観が受け入れられるのであれば、他オリジナルアルバムを聴くのが良いでしょう。

 

心中歌

心中歌

 

 

 

ちなみに大佑は蜉蝣終了後、the studsというバンドも組んでいて、こちらもおススメです。

 

alansmithee[通常盤]

alansmithee[通常盤]

 

 こちらは、サウンド面としては、V系というか純粋なロックバンドです。退廃的な雰囲気は変わりありませんが、気分が落ち込んでいるときに聴くとスカッとするというか、同じ心情を代弁してくれるような、バンドだと思います。