現実

現実を見つめ直す。

作品紹介『46番目の密室』

ミステリー小説に限らず、包括的、抽象的な意味の「芸術」に対して、最初の一歩目って非常に重要。

 

 

有栖川有栖は、現代の代表的な本格推理小説作家の一人で自分も結構好きな作家で、これまでに何作も買って読んでます。推理小説が読みたい!!ってなったら、この作家の作品読んでおけばまず間違えないですね。

 

色々作品はあるのだけれど、大学生のアリスが主人公の学生アリスシリーズとフィールドワークで事件の推理する大学准教授の火村英生と推理小説家の大人のアリスが活躍する火村英生シリーズが最も有名。今回は火村英生シリーズの1作目である『46番目の密室』です。

 

 

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)

 

 中身はまさに本格推理小説の王道で、現代の推理小説を楽しみたいのであればかなりおススメできます。トリックはなんかどこかで見た気がする・・・でもこの作品が先なのか、後なのかは分かりません。ただ、作品そのものは非常に完成度が高くて、推理小説好きは避けては通れないと思います。

 

少し話は変わるのですが、推理小説における稀代のトリックってなんなんだろう。おそらく、その考える人の読書量、読んできた本の系統、その作品を読んだ時の精神的状況、好み、年齢、果ては性別などホントに色んな理由で色々分かれると思うのですが、高木彬光『人形はなぜ殺される』の「人形がなぜ殺されるのか?」ていう全体のトリックと電車止めるトリックは読んでいる時に確かに戦慄したので、これは凄まじいんだと確証はできます。(しかももっとヤバいのは、1955年発表ということ。)

 

火村英生シリーズにおける探偵役は犯罪臨床学准教授(登場時は助教授)の火村英生で、特徴としては、現場の周辺をくまなく分析する「フィールドワーク」が得意で事件に関する調査を行うことですが、ワトソン役の大人アリスとのやり取りが、殺人事件というシリアスな雰囲気に少し緩い雰囲気を出していてホンワカする箇所もありますが、結構2人のやり取りや会話から犯人のヒントが出てきたりするので、適当に読み流し足りしていると、もったいないです。

 

タイトルに国名を冠した国名シリーズがあって、短編もあるので、読みやすさもあります。一応火村英生と作家アリスの作品としては、国名シリーズ以外(ダリの繭や海のある奈良に死す、乱鴉の島など)もあるので、火村英生シリーズの中に国名シリーズがあるという形ですね。作品ごとに火村とアリスは年齢を重ねているので、時系列的なものもありますが、基本的にどの作品から読んでも楽しめます。