現実

現実を見つめ直す。

作品紹介『屍人荘の殺人』

映画化される、ということを聞いたので少し紹介したいと思いました。

 

eiga.com

 

年なのかな・・・神木隆之介しか分からねぇ・・・。

 

 

『屍人荘の殺人』2017年

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

 

 読んだのは結構前だから、読後の興奮感で語れないのが勿体無い。

まず、この作品、受賞歴が凄すぎる。デビュー作にもかかわらず、本格ミステリ大賞本屋大賞鮎川哲也賞など国内のミステリー関連の賞をとっている。

 

 

当時本屋でごり押しされていて、入り口スペースにも平積みされていて、大概肩透かしを食らう経験も多かったせいもあって「まあ、だまされたと思って買ってみるか」という安易な気持ちで買ってみた。

 

 

実際読んでみたら、次の展開が気になってページをめくる手が止まらない。読み終わったのはその日で、ミステリー小説でこのページをめくるスピードの爽快感は久しぶりだった。

 

 

肝心の内容はというと、仕掛けにちょっとアンフェア感もあるのかな、と思う人がいるかもしれないけれど、やっていることはきっちり本格派。

「探偵がいて、ワトソンがいて、殺人鬼がいて・・・トリックがあって・・・」という要素は盛り込まれている。

 

 

(エレベーターのトリックは、どこかの作品で同じようなのを見た気がするけれど。おもしを使ったトリックは鉄板だよね。自分は最初ステルス迷彩着てエレベータ内に隠れているメタルギアソリッドを思い出した。)

 

 

登場人物のキャラ設定もしっかりしていて、読むのに手間がかからなかった。あんまり書くとネタバレになってしまうので、詳しくは書けないけど、一歩間違えればバカミスにもつながりかねないんだよな・・・とも読み終わった後、思った。

いわゆる「本格」にこの構造を持ち込んだのも初めてだろうし、嫌な人は嫌かもしれないし、この作品を巡ってはネット上でも議論を呼んでいる・・らしい。

 

 

とどのつまり、この小説において、トリックの一部分の説明が結構なネタバレになってしまうので、作品紹介・解説がなかなか難しいね。