現実

現実を見つめ直す。

私とV系~ナイトメア~

 アニメ版のデスノートとのタイアップでブレイクした感が強いですが、メジャーデビュー当初もかなりインパクトがありましたね。the WORLD/アルミナのヒットによって、お茶の間的にもメジャーになりましたが、ビジュアル系の中でも、メロディーの良さは随一で、曲も誰か特定のメンバーでなく、ほぼ全員が作れるから、それぞれに個性があって、本当にアルバムに捨て曲がない。

 

 

 ナイトメアは大学時によく聴いていました。ひょっとしたら、DIRの次ぐらいに聴いていたかも。

 なんか大学生の期間ってすごい青春というか、センチメンタルな気持ちになるときもあるじゃないですか?ナイトメアの曲はそのときの若気の至り的な感じを思い出させるから、今聴くとかなりメランコリーな気分になるんですよね。

 

 

 2016年のライブを持って一旦活動休止をしましたが、ナイトメアもアップルミュージックで聴けるので、今もたまに聴きます。

 

 

 ナイトメアは各アルバムがほんとに良い出来だから、お勧めのアルバムとかは決められないんですよね。強いてあげるとするなら、学生時に一番よく聴いた「リヴィド」「anima」とかですかね。それ以外も良いですが。

 

リヴィド

リヴィド

 

 

 

anima(DVD付)

anima(DVD付)

 

 

「リヴィド」はほんと暗い。そういう感じが自分が好みなんですが。たぶんナイトメアのファンでもこのアルバムをあげる人は少ないんじゃないかと思います。

 

 

 曲作っている本人たちの精神状態的にもかなりきつそうな感じがして、1曲ごとにあまり救いのない曲調になっているのが、特徴かと。この時期にシングルにもなっている「シアン」って曲のメロディーはめちゃめちゃカッコよいんだけど、歌詞が救われなさ過ぎる。曲の終わりにつれて、生きる希望が湧いた、と思ったら、最後の最後で、その希望が打ち消され、また歪んだ日々が続いていく、っていう感じで、極端に憂鬱。

 

 

「anima」は、商業的に成功したのが、自作の「the WORLD ruler」だとしたら、音楽性のひとつのターニングポイントとなったのが、このアルバムだと感じています。

明らかに、これまでのアルバムに比べて完成度が高いです。聴きやすいし、メロディーが良い。

 

 

 メンバーがLUNA SEAが好きで、ボーカルもビブラートを利かしてかなりビジュアル系っぽい感じですが、いかんせんメロディーがめちゃめちゃよいので一般の音楽ファンも十分聴けます。聴くとしたら、「anima」とか「majestical parade」とか、あとベスト版も結構出しているので、そこから入るのも良いかなーと思います。

 

majestical parade

majestical parade

 

 

ナイトメア 2003-2005 シングル・コレクション(DVD付)

ナイトメア 2003-2005 シングル・コレクション(DVD付)

 

 ベスト版は、年度によっていろいろ出しているので、↑1種類だけではないです。