現実

現実を見つめ直す。

4インチスマホ難民の行きつく先は・・・【iPhoneSE難民】

 最近スマホの大型化がどんどん進んでいて、多分昔のように片手ですいすい動かせるサイズは今後絶滅するのかなーって思ってたりしてます。だって、4インチレベルのスマホってホントに今ないですよね。メーカーのラインアップにももう無くなってる感じだと思う。

 

 

 自分もあまり手は大きいほうではないので、あまりにサイズの大型化が進んだりするとちょっと困ったりするのですが、そんな私が普段使っているスマホはもちろんiPhoneSEです。

 

 

 最大の武器はなんといってもこのサイズ感なんですよね。マジでこのサイズ最高ですよ~。価格も安いし、スマホに10万も出せないよーていう普通の人には本当に普通のスマホです。

 

 

 そんなPhoneSEもホームページのiPhoneのXS発表以降、ラインアップから消えてしまって、少し寂しいなーと思うのですが、通常の販売店とかではたまにまだ見たりするので、完全に手に入れる方法無くなったというわけではないのですね。

 

 

 

 タイトルにもあるように、私のような小さいサイズのスマホを愛用してるユーザーは今後どの方向に向かって舵をとればよいのでしょうか?望むべくはAppleに日本現地でiPhoneSE並みのサイズのスマホシリーズを販売してもらよう求めるぐらいしか思い浮かびません。しかし、会社はビジネスであり、趣味で経営しているわけではないので、そこまで利益の出ない、需要のないスマホを販売してもしょうがないですからね。

 

 

 

 そもそも大画面スマホに本当に需要があるのか?むしろメーカーが大画面スマホしか売らないから、ユーザーもそれを買わざるをえなくなって、結果的に小さいサイズのスマホが淘汰されているとも思えるのだけど・・・。

 

 

 

 

 ちなみに、日本国内では、SEは根強い人気があるみたいです。

headlines.yahoo.co.jp

 

 通常の使用レベルだとSEで十分なんだよな・・・OSのアップデートで動作もサクサクだし、カメラ性能やゲームを求める場合はちょっと厳しいけど。

 

 

 

 

 SEでよかったなって思うときは電車の中で立ってスマホいじるとき。揺れるから、つり革に手をかけるとき、SEなら片手で操作できるから、すごい楽。これが両手操作となると、危なくてスマホ触れない・・・。

 

 

 

 音楽聴くのもサイズが小さいから、ipodユーザーも親近感があって使いやすいと思う。そもそも、ipadクラスのタブレット持ってれば、大画面スマホってそこまで必要かなーとも毎度思ってしまう。

 まあ余裕があるのであれば、格安の大画面スマホと2台持ちすれば全て解決するか!

 

 

 

 ということで、最強はiPhoneSE+Andoroidの格安大画面スマホの2台持ちに決定。