現実

現実を見つめ直す。

ノートパソコンの買い替えについて【Surface laptopかzenbookかVAIOか、それとも・・・】

 今とても悩んでいる。

 

 理由としてはタイトルにもあるように、自分が今一番ハマっているノートパソコンの買い替えについてだ。

 

 このブログでも言及しているように、普段の持ち運び用のモバイルパソコンとしてASUSEeebook X205TAを使っている。

f:id:saya1988:20180623171551j:plain

 

saya1988.hatenablog.com

 

 使い始めてもう3年目になるのだが、コイツとても気に入っている。

 

 何度も言うように、コストパフォーマンスがとてつもない。

 

 通常のネット閲覧はスペックの高いマシンに比べると話にならないが、まあ普通に使える範囲で問題ない。動画視聴も比較的高画質で再生できる。

 持ち運び用としても軽い。一キログラムを切るその身軽さは、「ちょっと外に持ち出したい」というときとても便利で、私の使い方としては、大体外に持ち出してブログ書いたり、大学のレポート書いたりしてる。ついでに言うと、キーボードの感覚も問題ない。

 

 つまり、ざっくりまとめると、高い機能は求めないけどネット閲覧をしたい、外でブログ書きたいという人にはまさにお勧めできるノートパソコンである。

 

 

 

 

 こういったとても満足している状態でこういう記事を書くのも非常に矛盾しているが、「ノートパソコンどれにしよう病」に溺れるようになってしまった。

 

 

 きっかけは、とある家電量販店で、surfaceだのVAIOだのを見た時、なんて薄くてカッコよいモデルなんだと、まんまと罠に落ちてしまったのだ。それ以来、特にやることもないのに、ひたすら妄想してしまっている・・・。

 

 

 特に高スペックが要求されるようなコトをするわけでもない。ただ、音楽聞きながらネットが見れて、ブログが欠けて、ワードが使えれば全く問題ないのに、ああ、なんてこういう「自分が持っているものよりちょっとイイもの」を所有したい、という欲を持ってしまうのだろう・・・・。

 

 

 以前、MacbookAirの記事を書いた。結局自分にはMacが合わず、手放してしまったのだが、なんやかんや言っても、メモリは8ギガぐらいのほうがサクサク動くし、タッチパッドが快適に動けば、操作も楽しくなるし、スタイリッシュな外見であればスタバでドヤ顔できるし、人ってちょっと背伸びをして良いモノを手に入れたがっちゃうんだよなーと痛感。

 

 

 今日、Surfaceの新モデルの発表ありましたが、あのスタイリッシュなモデルにブラックが追加されるなんて、オシャレなカフェでなんか使ったら羨望の眼差しじゃないか。

headlines.yahoo.co.jp

 

 今のところそのスペックに見合うことはおそらくしないだろうけど、その外見でも実際に持ってみて、スタバで蓋開けてドヤ顔したいという欲が出てくるじゃないか。

 

 あまり関係ないけど、ネットで「surface」って検索するとき、90年代後半に活動してた2人組ユニットの「SURFACE」が出てきて、それで思い出したって人いますよね?

 自分もその口です。結構人気あったから、この二人がMicrosoftSurface使ってれば、すごいPRになると思うんだけど。

 

 

 

 ついでにいうと、普段お世話になっているASUSのZenbookもカッコいいよね。

www.asus.com

 

 パッと見た感じ、こんな薄くてスタイリッシュなノートパソコンが存在していいものかと思った。ぶっちゃけ、このASUSってスマホZenfone2laser買うまでよく知らなかったんですが、今のところ、良いメーカーだと思います。今はiPhoneに切り替えていますが、まだ普通に使えますし、何より冒頭で紹介したEeebookのコスパが非常に高い。

 

 

 

 そんな感じで、近々新しいノートパソコンを購入する予定です。確定しているのは、WindowsOSということ。Macは多分買いません。自分の使い勝手上、Windowsのほうが使いやすい。