現実

現実を見つめ直す。

【レビュー】オーディオテクニカのワイヤレスヘッドホン【Sound Reality ATH-AR3BT】

 普段から音楽を聴くときは、AirPodsを使っていて、その使いやすさについては、このブログでも書きました。

 

saya1988.hatenablog.com

 

 

saya1988.hatenablog.com

 

 特にApple製品との連携が素晴らしくて、耳につけただけでも、ペアリングできるという、使いやすさで購入してから、ほぼ毎日つかってきましたが、少し音質を重視したい、前にオーバーヘッド型のヘッドホンを使っていたから、ちょっと調べてみたい、という欲がだんだん出てきて、約2週間近くネットで調べていくうちに、ワイヤレスのヘッドホンがとうとう欲しくなって、ついに購入しちゃいました。

 

 具体的な製品のレビューに入る前に、ヘッドホンを買うまでに、ここは押さえておきたいという、自分の基準をいくつか考えました。

 

①価格帯

⇒1万円代を目安に考えました。過去の経験から最低でも1万出さないと満足する音質が出ないかなと思ってます。ただ、ヘッドホンに2万、3万はホイホイ出せないので、最低ラインである1万円を一つの基準としました。

②コード付きかワイヤレスか

⇒これはAirPodsを使ってワイヤレスの使いやすさに感動してしまったから。ワイヤレスにすると、音質が下がると言われますが、そこまで聴ける耳ではないので、そこまでは意識しませんでした。

③メーカー

⇒店で色々聴いてみたのですが、自分にはオーディオテクニカ製のヘッドホンがあっているなと思いました。なんとなく国産の製品を使いたいなと思っていたのですが、実は今まで買ってきたヘッドホンはすべてオーディオテクニカのもので、昔からこの音好きだなと、と感じていたので、自分には合っているみたいです。

 余談ですが本当に音にこだわるのであれば、やはり2万円以上出すべきかなと思いました。細かい音の差は分からないのですが、2,3万するヘッドホンをつけた時、素人耳にしても音が違いました。上にも書いた通り今の自分にはそこまでこだわりはなかったので、あまり重視しませんでしたが。

 

 こういった基準をもとに今回購入したのが、オーディオテクニカ「Sound Reality ATH-AR3BT」です。

 ネットでも悪くない評価で、少し気になっていたヘッドホンでしたが、ビックカメラで1万ちょっとで売られていたので、購入しました。

 

 

デザイン

 色はブラックゴールド。ブラックの中にゴールドのアクセントがあって素直にカッコいいと思えるデザインです。

f:id:saya1988:20180929224631j:plain

f:id:saya1988:20180929224830j:plain

f:id:saya1988:20180929224752j:plain

 

 

携帯性

 自分は結構カフェとか入りながらネットサーフィン、ゲーム文書作成をやるときに音楽を聴くということが多いので、外に持っていける携帯性や音漏れの程度が少し気になるのですが、重さについては公称190グラムで,全く問題ありません。また、耳にあてる部分を折りたためるので、小さくまとめてカバンに入れられるため、収納面についても問題ないです。ただ、他のヘッドホンにも言えるかもしれませんが、折りたたたむ部分、パソコンでいうヘンジが重い負荷をかけると壊れそうで少し不安。

 音漏れについては、普通の音量でも多少漏れます。電車内で隣の人にどれぐらい漏れているのか検証はできませんが、どのヘッドホンでも音漏れは多少はあるので、人がたくさんいて、かつ静かな環境では、音量をマックスにしないなどの配慮が必要かと思います。

 

音質

 満足してます。音質については、いわゆるイヤホンマニアではないのでわかりませんが、AirPodsよりは全然いいです(AirPodsの音質がすごい悪い、という意味ではありませんよ)。

 密閉式なので、しっかりした音質で聴けます。また、ワイヤレスイヤホンだから音質が下がるといったことはありません。価格帯からも評判的にも音質の良いワイヤレスヘッドホンを試す上では良い製品だと思います。

 

操作感

 Bluetooth接続のためペアリングのやりやすさについて気になるところですが、私の持っているiPhoneとのペアリングは難なくできました。全然つながらないということは今のところありません。ただ、一度接続したこのヘッドホンを異なるデバイスにペアリングをする際、元々ペアリングしたほうを解除してからでないと、接続できないので、注意が必要です。AirPodsの場合はそういうことはなく、こういう観点からも完全ワイヤレスイヤホンとして完成度が高いなー。

f:id:saya1988:20180929224719j:plain

↑左耳にあるのがBluetoothのスイッチ。右が音量調節、曲飛ばし、戻し。スマホとペアリングする場合でも、スマホから操作することなく、音量調整や、曲の変更などもできる。

 

その他

 いちおうレビューなので、他に気になった点を書いていこうと思います。

 こういうヘッドホンについては妥協しなければならないことかもしれませんが、長時間つけていると耳が締め付けられて、痛くなります。購入してあまり日が経っていませんが、家の中でアマゾンプライムの映画をこのヘッドホンをつけて鑑賞しましたが、2時間弱ぐらいつけっぱなしですと、痛くなるので、適宜外したほうが良いかと思います。

 また、Bluetooth接続の製品ってプチプチ途切れることがありますが、今のところ気になりません。製品によって差があるかどうかはわからないので、評価については、ノーコメントとさせていただきたいです。

 

まとめ

 最近はワイヤレス製品も多くなってきて、かなり迷いますが、このヘッドホンについては、かなり満足しています。多分今後の傾向として、スマホとかパソコンのイヤホンジャックが無くなってきている関係で、ワイヤレスのイヤホン、ヘッドホンが多くなっていくんだろうな。音質面で色々聞きますが、個人的には全然変わらないと思います。

 1万円代で、何かワイヤレスヘッドホンを求めているとき、このヘッドホンおすすめですよー。