現実

現実を見つめ直す。

さようならiPhone SE・・・

 先日のApple新製品発表イベントにて、

 

iPhone XS

iPhone XS Max

iPhone XR

 

 という3つの新機種が発表されました。

 

 なんかXSシリーズについては、iPhoneXのマイナーチェンジみたいで、革新的な変化はありませんが、高級機ならではのすさまじいスペックで、とにかく新しく、スペック重視の人は欲しいでしょうね。

 

 あと、XRについては、ディスプレイやカメラ機能では前出の2機には劣るものの、スペック的には全く同じであるため、買ってもサクサク動かない・・・といったことはまずないでしょう。でもこのXRってなんか位置づけが微妙だな。エントリーモデル的な立ち位置を想定したのだろうけど、いかんせん価格が高すぎる!!

 

 

 一番安いXRの低価格帯でも8万越えって、もはやお金持ちにしか買えませんな。しかもストレージ512ギガバイトっていったいどんなことに使うんだろう・・・。価格も一番高いXS Maxだと16万越え。もう、Macbookえんじゃんていうレベル。むしろこのスペックで携帯性ありのスマホをこの値段で買えるというのがお手頃なのか、感覚がマヒしている。

 

 少なくとも日常生活レベルでスマホを使っているユーザーにとっては、まず必要ないでしょう。

 

 

 個人的に一番ショックだったのが、iPhoneSEの販売終了。Appleのホームページラインアップからも消えっちゃったし、低価格で片手で持てる携帯性抜群のスマホを愛用していた身としては、残念。せめてこの4インチのラインアップは捨てずに残して欲しかった。

 

 

 ネット上でもこの「消失」にショックを受けているユーザーも多いらしい。昔からiPhone使っている人にとってはこの片手で持てて、気軽に操作できるサイズ感がたまらなく、スティーブジョブズもこのサイズ感を重視していたということだから、今のAppleには、昔の体制を切り捨てて、確実にビジネスにつながる大画面高性能のスマホに大きな舵をとったのだろう。Appleってユーザーのことを真摯に考えてサービスを充実させるという企業スタンスじゃなくて、「俺についてこい!!」的なところがあるから、たまーに何考えているかわからないことがあるんだよね。まあ、そういう姿勢が世界を変えていったのだけれど

 

 

 もうこのサイズのスマホは発売されないのかな。5インチ超えちゃうと、画面の端に手が届きにくいし、ポケットに入れた時にすごいかさばっちゃって持ちづらいんですよね。

 

 

 あと、価格も高すぎる。iPhoneSE並みの価格であれば、そこまで迷わずに購入できる。10万越えの商品をポンポンモデルチェンジごとに買える人ってあんまりいないんじゃないのかな。

 

 

 自分はまだ、SEを使う予定ですが、今後Appleは5、6インチ並みの大画面サイズのスマホしか作らなくなると思うので、いつか、区切りをつけなくてはならない時がくるのであろう。