現実

現実を見つめ直す。

MacbookAirを売ろうと思う。

 これまで、MacbookAirに関する記事を書いてきて何か矛盾するかもしれないですが、とりあえず現環境下では、あまりMacを使用するメリットがないため、買い取ってもらおうかなと思います。

 

saya1988.hatenablog.com

 

 

買取を検討し始めたきっかけ

主に言うと、

①仕事でwindowsを使っている

②自分が一番使っているワード、エクセルについてWindows環境が前提となっている。

ていうことかな・・・。

 

 Macを使う人って、主にクリエイティブな用途で使用する場面が多いのかなって思っていたけど、まさしく自分がその用途に当てはまらない人間だった。これだったら別にWindowsパソコンでもいいじゃんていうことになる。

 しかも仕事でもプライベートでも一番使っているのが、マイクロソフトオフィスで、Macには、Mac版をインストールしている。これが、厄介で、Mac版だと、それぞれのソフトのレイアウトとか仕様がWindows版と異なっていてWindowsを前提にした知識しかない自分にとっては、凄くやりづらい。しかも、キーボードもwindowsのショートカットキーを覚えているから、Macに切り替えるとその配列についても頭を切り替えなくてはいけないから、手間がかかってしまう。

 

 

 こういう状況でもMacw使わないと自分の要求が満たされない、というのであれば、Macを今後も使うが、現況その予定はない。むしろ、Windows環境が求められている。

 確かにMacはカッコいい。外出先で使用するのも何の躊躇なく見せびらかせられる。でも、最近はWindowsパソコンでもめちゃめちゃカッコいいモノがあるし、自分が使いこなせてない、っていうのであれば、Macを使う意味ってあんまりないんじゃないか・・・と考え始めて、その考えが、ついに行きつくとこまで来たかなって所です。

 

 

 今ノートパソコンでメインで使っているASUSのEeebookが、自分の求めるパソコン用途を十分満たしている。こいつホントにいいマシンだ。アマゾンとか価格ドットコムでも評価が高かったのは分かる。今3年程度使っているけど、バッテリーの寿命もあんまり劣化してないし、立ち上がりも実はMacbookAirより早い。キーボード打感も自分好みで押し心地がある。

 

 

 だから実際文書作成もこっちのほうが圧倒的に使っているんだよね。文書作成だけだったら、13インチでなくてもいいし、1キログラム切って持ち運び楽だし。

現にこのブログもEeebookで書いているし。

 

 

 スマホもそうだけど、自分の使い用途に一番適したモノを揃えるって凄い大事。

 

 

 

Macを買い取ってもらう方法

 Mac製品の強みは、多少年数が経とうとも、比較的高価での買取が可能であること。

 

 

 自分が今使っているのが、2015年製、メモリ8GB、SSD128GBの基本形MacBookAirです。ネットで調べると買取上限値が大体5万~5万5000円程度。

 

 

 多少使用感間があるから、値はもう少し上がると思うけど、自分の希望としては、最低5万で売りたい!

 

 

 当然買取はパソコン買取についての専門店だ。間違ってもブックオフ系には売らない。本の買い取りでもまともな専門店で買い取ってもらったほうが良いことが分かっている。ただ、結構店によっても買い取り額の高低があるみたいだから、そこは慎重にいきたい。

 

 

 ネットで買取の比較を行うにはいくつかの方法があるみたいで、自分は「ヒカカク」というサイトも参考にしてみた。

買取価格比較ならヒカカク!-「売ってよかった」を全ての人に

 

 

 これは、買取を希望する商品をヒカカクのサイトに入力すると、提携している業者にその商品の情報が転送され、最大5社からの見積もりがメールでもらえる。これを比較すると、保障金額ではないものの、ある程度買取価格を参考にできるため、比較的高額商品を買い取ってもらうときには参考になるサイトだろう。