現実

現実を見つめ直す。

はれのひの社長が逮捕されたらしい。

 

 突然ですが、私は成人式には行ったことがありません。

 成人式はおろか、大学の入学式も卒業式にも行ったことがありません。

 結構、社会でも珍しい部類ではないですかね。

 

 

 

 成人式に行かなかったのは、その頃、大学受験のため浪人していたから。

 浪人している身で成人式に行くなんてとんでもない!!というのは建前で、実は友達がいなかったから、行く勇気がなかった。

 とにかくその頃の自分は暗かったな。今でも十分くらいかもしれないけど、勉強しながらも、もう少し友達とのコネクションを維持しておくべきだったと後悔している。

 入学式と卒業式はあんま覚えてないけど、確か、バイトしてたからという記憶があります。まあ、自分にとって、式典はそれぐらいの意味しか当時は持たなかった、悲しい青春でした。

 

 

 さて、少し前は成人式といったら、ド派手なヤンキーが公務員に喧嘩売って逮捕されるっていう、ちょっと過激なコスプレパーティーかと思ってたら、なんか今年はもっとすごいことが起きていたらしい。

 なんと、晴れ着を一年以上も前から注文していたはずが、成人式の当日、現地にいってみたら肝心の店がバックれて、着物が到着せず、全国の成人が涙を流したというニュースがあった。

 

 

 そして、つい先日、この前代未聞の事件で世間を騒がせていた着物業者「はれのひ」の社長が逮捕されたらしい。

 

 

 上記のように成人式に行ったことがない自分にとって、「一生に一度の舞台」に晴れ着を着る幸せというのがあまりわからないのではあるが、それにしても、騒動が起きてから、しばらく経った後に謝罪会見を行い、債権者の集会では姿を見せず、外国へ逃亡していたというのは、大人への第一歩を踏み出す新成人に対し、夢を売る商売をしている大人としてはなんとも大人気ないと感じた

 

 

しかも金額も高いものだと数十万するみたいで、その金額が戻ってこないっていうのはなんとも腹立たしい。

 

 

 外国から戻ってきたのも、ビザが切れたかららしく、そうでなかったら、いつまで国外逃亡を続けていたのかと、感じる。

 

 

 

 成人式の着物っていつ頃から予約するんだろ、って調べてみたら、1年、2年は当たり前みたい。そういえば、成人式の日って美容院も大変みたいですね。前行きつけの美容師の人に一年で一番忙しい時が成人式の日で、早朝から髪のセットでフル回転するみたい。男はそうでもないかもしれないけど、成人式に何かこだわりをもつだろう女の子にとっては、大変な1日だろう。