現実

現実を見つめ直す。

今さらながらZenFone2 laser を語る

 

 今使っているスマホは、iPhoneSE(SIMフリー)です。

 iPhoneSEを使う前は、ZenFone2 laser(SIMフリー)を2年ほど使っていました。

 

 今さらですが、名機です。このスマホから格安SIMに乗り換えたのですが、当時、価格ドットコムで一番人気だったのが、このZenFone2 laserでした。

 

f:id:saya1988:20180622212253j:plain

表。ちなみに今はカード抜いているので使えません。

f:id:saya1988:20180622212310j:plain

側面

f:id:saya1988:20180622212319j:plain

 私の写真の撮り方がヘタクソで大変恐縮ですが、デザインはカッコ良いです。

 当時の価格が約2万5千円ぐらいでしたが、安っぽい感じは全くしませんでした。

 

 スペックについては、他のサイトで数値とか出ていると思うので、ここでは書きませんが、ゲームやアプリを過度にやらず、電話機能やネット検索を主な使用用途であるユーザーにとっては、価格から考えても非常にオススメできます。

 

 カメラのスペックも確か私が今使っているiPhoneSEと同じかそれ以上だったと思うので、特にこだわらない方であれば、余裕で満足できると思います。

 

 難点としては、SIMカードが非常に入れづらい!!爪でこじ開けようとしたら、剥がれそうになって作業していた喫茶店内で、絶叫あげそうになりました。

 

 また、音量の上げ下げボタンが背面についていること。上の画像の3枚目にある銀色のモノがそれ。押しづらいし、だいたいのスマホって側面に付いていた気がするので、慣れないうちは、少し戸惑います。どうしてそこに付けたんだろう?

 

 

 ちなみに最新作のZenFone5はSIMスロットはピンで開けられるようになり、音量ボタンも側面に付いているみたいです。

 

 

 以前の記事にも書きましたが、ZenFone2 laserのメーカーであるASUS(読み方はエイスース)は非常にコスパが良いです。いくつかASUS製のガジェットを持っていますが、過度のスペックを求めない通常ユーザーにとっては、ホントにオススメのメーカーです。

 

 今はこZenFoneシリーズも5ぐらいまで出ているみたいですが、中古ZenFone2 laserは多分まだ買えると思うので、スマホ機能にそこまでこだわりを持たない方は検討してみてください。