現実

現実を見つめ直す。

今さらながらMacBookAirを買った話

 2018年9月24日更新

 

 現時点でAppleのノートパソコンのラインアップはMacBook(無印)MacBookPro、そして、MacBookAirである。

 

 正直なところ、「世界で最も薄い」ノートパソコンの座は、現ラインアップでは無印Macbookに譲られ、また重さも、無印MacBookにはもちろん、MacBookProにもほとんど変わらない差となってしまい、Airの購入動機としては、「比較的安価」で「現在の環境下での拡張性の豊富さ」といった点でしか、MacBookAirの利点は見出せない。

 

 しかし、巷のノートパソコン売上ランキングでは、相変わらず、MacBookAirが売れている。理由は経済アナリストに委ねるとして、Appleのノートパソコンといえば、やはり「MacBookAir」という認識が非常に高いのだと思う。(2018年9月現在でもノートパソコン販売数上位に食い込むなど、Appleのノートパソコンといえば、MacbookAirという認識は変わらないみたいですね)

 

 私も、ついこの間、2015年型のMacBookAirを中古で買った。価格は約6万円程度。購入した際の放充電回数が一桁台とほぼ新品同様のMacを手に入れることができた。

 ( ちなみに2018年9月に売りました。買取の経緯については、以下の記事をよろしくお願いします!ちなみに買取価格は51,000円でしたつまり中古で6万弱で買ってもほぼほぼ元は取れるってことですね。Apple製品恐るべし・・・。)

saya1988.hatenablog.com

 

 

f:id:saya1988:20180617215357j:plain

側面1

f:id:saya1988:20180617215424j:plain

側面2

f:id:saya1988:20180617215823j:plain

トラックパッドの操作性が完璧。マウス不要。

f:id:saya1988:20180617215442j:plain

綺麗に撮れなかった・・・。デザインの良さって購入動機の一番でもある。

f:id:saya1988:20180617215413j:plain



 購入する前は、ASUSのEeeBookX205TAを3年程使ってました。これは、大きさは11インチでMacBookAIrの13インチに比べ小さい型なのですが、それに伴って、重さも980グラムと、Airの1.35キロより軽かったんです。実際使っているときは、そのあまりの軽さに、出かけるときは、ほぼカバンの中に突っ込んでました。

 

 MacBookAirを買ってから、上の側面1、2の画像でも分かるように、他に薄い機種がラインアップされているといっても、十分に薄いです。そして、ASUSのX205TAの重さと比較したとき、MacBookAirの方がその薄さゆえに軽く感じるんです。

 

 MacBookAirとMacBook(無印)で迷っている人は、やはり価格で決めるんでしょうね。自分もそうでした。薄さと、軽さ、ディスプレイの綺麗さはMacBook(無印)に軍配が上がりますが、まあ誤差だと思って自分は使ってます。通常に使う分としては、正直どっちも変わらないです(MacBook(無印)を使うようになれば変わるかもしれませんが。実際店舗でその薄さ、軽さ、デザインを見たとき、無印が上でした)。

 

 ただ、USBType-Cには注意した方が良いと思います。この前ニュースにもなったように、次期iPhoneにUSB Type-Cが使用されるかもしれない・・・。とありまして、今後、各端子は確実に一本化されると思います。その点、現行のMacBookAirに改良点が今後あるのか、あるいは、ラインアップからフェードアウトするのか、どういう動きになるのかは近々分かるとは思います。

 

 ※2018年9月追記

 Appleの発表会でも新型MacbookAir発表されませんでしたね・・・。結構前から、実はレティナディスプレイのMacbookAirが出るとか、廉価版シリーズとして、Airがシリーズ化されるとかいつもお世話になっております。色んな噂がありましたが、実現はされていません。個人的には巷でもAir使っている人をちょくちょく見るので、シリーズを残すか、何らかのテコ入れをするかしてほしいのですが・・・・。