現実

現実を見つめ直す。

今さらながらMacBookAirを買った話

 現時点でAppleのノートパソコンのラインアップはMacBook(無印)、MacBookPro、そして、MacBookAirである。

 

 正直なところ、「世界で最も薄い」ノートパソコンの座は、現ラインアップでは無印Macbookに譲られ、また重さも、無印MacBookにはもちろん、MacBookProにもほとんど変わらない差となってしまい、Airの購入動機としては、「比較的安価」で「現在の環境下での拡張性の豊富さ」といった点でしか、MacBookAirの利点は見出せない。

 

 しかし、巷のノートパソコン売上ランキングでは、相変わらず、MacBookAirが売れている。理由は経済アナリストに委ねるとして、Appleのノートパソコンといえば、やはり「MacBookAir」という認識が非常に高いのだと思う。

 

 私も、ついこの間、2015年型のMacBookAirを中古で買った。価格は約6万円程度。購入した際の放充電回数が一桁台とほぼ新品同様のMacを手に入れることができた。

 

f:id:saya1988:20180617215357j:plain

側面1

f:id:saya1988:20180617215424j:plain

側面2

f:id:saya1988:20180617215823j:plain

トラックパッドの操作性が完璧。マウス不要。

f:id:saya1988:20180617215442j:plain

綺麗に撮れなかった・・・。デザインの良さって購入動機の一番でもある。

f:id:saya1988:20180617215413j:plain



 購入する前は、ASUSのEeeBookX205TAを3年程使ってました。これは、大きさは11インチでMacBookAIrの13インチに比べ小さい型なのですが、それに伴って、重さも980グラムと、Airの1.35キロより軽かったんです。実際使っているときは、そのあまりの軽さに、出かけるときは、ほぼカバンの中に突っ込んでました。

 

 MacBookAirを買ってから、上の側面1、2の画像でも分かるように、他に薄い機種がラインアップされているといっても、十分に薄いです。そして、ASUSのX205TAの重さと比較したとき、MacBookAirの方がその薄さゆえに軽く感じるんです。

 

 MacBookAirとMacBook(無印)で迷っている人は、やはり価格で決めるんでしょうね。自分もそうでした。薄さと、軽さ、ディスプレイの綺麗さはMacBook(無印)に軍配が上がりますが、まあ誤差だと思って自分は使ってます。通常に使う分としては、正直どっちも変わらないです(MacBook(無印)を使うようになれば変わるかもしれませんが。実際店舗でその薄さ、軽さ、デザインを見たとき、無印が上でした)。

 

 ただ、USBType-Cには注意した方が良いと思います。この前ニュースにもなったように、次期iPhoneにUSB Type-Cが使用されるかもしれない・・・。とありまして、今後、各端子は確実に一本化されると思います。その点、現行のMacBookAirに改良点が今後あるのか、あるいは、ラインアップからフェードアウトするのか、どういう動きになるのかは近々分かるとは思います。



 

MOS試験合格

 つい先日ですが、MOS試験(Excel)に合格しました。正直、世間の目からみれば、「これぐらいとって当たり前でしょ」、みたいな資格ですが、個人的にパソコンが苦手な私にとって、無事取れてとても嬉しかったので、記事にしてみました。

 

 

f:id:saya1988:20180617210913j:plain

見にくいですが、ほぼ満点でした。「スペシャリスト」試験であれば、模擬試験を繰り返せば、初回時でこれぐらいの点数は出せるみたいです。

 

 

 勉強期間は約1ヶ月程度。自学ではなく、スクールに通いました。本来は資格取得でスクールに通い始めたのではく、単純にパソコンスキルの向上を目的としたものでしたが、後述のように比較的簡単に合格できる資格みたいなので、ついでにとっておこうと途中から、対策講座に切り替えて短期集中型で、勉強しました。

 

 最初はMOS試験って言葉は聞いたことあるな・・・程度の認識で、自分とは無縁のモノでした。きっかけは、2ヶ月ぐらい前から通い始めたパソコンスクールのコースにMOS対策コースがあったこと。

 実は私は、パソコンスキルに関して、不安を持っていました。仕事上で使用する技能については、仕事中にネットで検索したり、周りの人にやり方聞いたりして、済ませていたのですが、一旦しっかりとした知識を身につけたいと思い、近所にできたパソコンスクールに通い始めました。

 1ヶ月程度、エクセルの扱い方について、講義を受けていたのですが、どうせ受けるなら資格もついでにとっておこうということで、1ヶ月ぐらい前から対策講座と、模擬試験を繰り返し行ってきました。

 合格基準点は700点以上です。試験はパソコン上でやるので、試験日は基本的にいつでも設定できるみたいです。

 MOS試験自体は、模擬試験を繰り返しやればかならず合格できる試験です。また、1ヶ月といっても、週1、2日程度のスクール通いで合格できるので、自学学習でのみ合格できたり、元々、スキルの高い人にとっては、試験自体は非常に簡単に感じると思います。

 

 

Air Pods最高。

 

ここ最近Apple製品ばかり買っているのですが、発売当初は品薄が続いていた、ワイヤレスイヤホン「AirPods」も漏れなく買ってました。

f:id:saya1988:20180614212727j:plain

ケース(表)

f:id:saya1988:20180614212740j:plain

ケース(裏)

イヤホン自体は専用ケースに入れて持ち運べます。バッグの中に入れておくと紛失してしまうので、ケースは必須です。

f:id:saya1988:20180614212749j:plain

イヤホン本体

肝心のイヤホン本体がこちら。耳に入れてみた感触としては、イヤホンの内部に色々内蔵されているためか若干重みはありますが、日常的に使う分には全く気にならない程度です。

iPhoneユーザーであれば、ペアリングも耳にさすだけでできるので、非常に簡単です。

先に言ってしまいましたが、イヤホンを耳に入れると、内蔵されているチップが起動して、いろんなことができます。耳に入れた状態で、イヤホンをタップすると、音量を上げられたり、トラックを飛ばしたりとか・・・。また、イヤホンを片耳から外すと、音が止まり、また耳にさすと続きから音が鳴ったり・・・。

 

まあ、とりあえず言いたいことは、現代のテクノロジーってすごい!っていうことです。一体どんな仕組みなのか気になりますが、自分はAirPodsで音楽を聴く楽しみが一層高まりました。毎日の出勤時にも欠かさず持っていき、音楽を楽しんでいます。

 

f:id:saya1988:20180614212757j:plain

ケース(中)

画像はちょっと汚れているのですが、ケースの蓋を開けた中身です。充電時には、このケースに入れて、付属のケーブルにて充電します。

ケースでの充電で、イヤホン本体とケース双方の充電が完了します。つまり、イヤホン本体の電力が切れても、ケースに電力が残っていれば、ケーブル経由で充電しなくても、ケース経由で電力がたまります。

実は、イヤホン本体を一度無くしてしまったことがありまして、数日後(確か二、三週間ぐらい)に見つかって、ケースに再度入れて、iPhoneで残電力を確認したら、ケースの電力が、70パーセント近く残っていたことには驚きました。このことから、基本的に、毎日こまめに充電をするという煩わしさはありません。

 

少し躊躇する点としては、価格(約2万円)、見た目(人それぞれ。私はむしろカッコ良いと思うのですが?)の2点ですね。

iPhoneでよく音楽を聞くという方は相性は抜群です。私はまだ持っていないのですが、AppleWatchを持っていれば、さらに音楽を聴くのが楽しくなると思います。

 

私がAirPodsを買った理由として多くを占めるのが、やはりケーブルの煩わしさから解放されるという点でしょうか。あとiPhoneユーザーだったから。

普通のイヤホンだと、バッグに入れるだけで、ケーブルがぐちゃぐちゃになり、それを元どおりに戻すのにまた四苦八苦したりと、「音楽を聴く」という行為を始める前段階で大きな障害がありました。

それが原因で「音楽を聴く」という行為を止める、ということが多くありましたが、ワイヤレスであれば、そんな煩わしさは全くありません。

 

少し値は張りますが、生活が変わりました。とても満足してます。