現実

現実を見つめ直す。

風俗を絶つ方法を考える

  

 過去に依存について書いたが、今回は真面目に風俗への依存について、「お金」と「時間」という観点から書いていきたいと思う。というのも、私は風俗をそろそろ絶ちたいと考えている。もし、私の他に私と同じような境遇にいる方で何か相互に頑張れることがあれば、ご指導いただきたい。

 

 

過去の記事はコチラ↓↓↓

 

saya1988.hatenablog.com

 

 

 風俗にハマることから生まれる悪いループ

 なんとかこの週末は風俗に行かなくて済んだ。ただ、店のホームページ見たりして、結構な時間を無駄にしてしまった罪悪感が半端ない。この週末で無駄になった時間、果たしてどんなことができただろうか。もっと他に楽しいことができたんじゃないかな。

 

 

 こういう感じで週末を過ごすことが多くなってきている。

 

どこか外出する用事があったら、その外出先の近辺の風俗店を検索してしまうし、風俗に行ったら行ったで、サービス後の喪失感を味わって、また風俗に足を向けることになるし、行かなかったら行かなかったらで、風俗のことを考えてしまう膨大な時間がムダになってしまう

 

など、悪いループから抜け出せていない。

 

 

 なんか、何をするにも風俗に行くことが前提となってしまっているこの現状は、良いか、悪いかでいったら健全で無いことは明らかだろう。

 

 

 

 私は、別に風俗に行くことが悪いといっているわけではない。自身の金銭のキャパを超えない範囲で趣味娯楽程度で通うのであればそれが合法的な限り、全く問題ない。ただ、風俗にハマることで、何も手がつかなくなったり、とてつもなく大きいものを犠牲にしたときなどは、すぐにやめるべきだ。

 

 

 

 

金銭感覚の破綻

 さて、風俗通いのデメリットの一つとして、「お金がかかる」ということに異論はないはずだ。

 

 

 ホテル代だけで、3,000円~5000円かかり、サービスを含めると、スタンダードなプレイ時間で2,3万が飛ぶ。

 

 

 また、風俗の業種の中で最も安いのがオナクラ店で、30分4000円前後の低価格でサービスが楽しめるが、結局オプションを追加することが前提となっているため、総額で1万はいかないとしても、低価格に乗じて何度も行ってしまえば、何万単位のお金を短期間で失うことになってしまう。

 

 

 まず、風俗にハマると、金銭感覚が狂う。

 

 

 例えば、風俗にかかるホテル代が4,000円だったとして、普段の感覚であれば、4,000円を出すのにだいぶ渋ると思うのだが、風俗になると、平気で使ってしまう。

 

 

 風俗に行く!っていうことが頭にあると、頭の中の金銭感覚を失ってしまって、とにかくサービスを受けられるのであれば、ホテル代の高い、低いはあまり気にしないような脳になってしまっているのだろう。

 

 

 

 

膨大な、しかもムダな時間をどぶに捨てる

 また、冒頭に記した通り、風俗に行くか行くまいか、を悩む時間が本当にもったいなあと毎回思う。

 

 

 ホテルまでに行く時間、サービスを受ける時間はもちろんだが、それより、「風俗に行くか、行くまいか」、行く前提で「どの店、どの子に入ろうか」、と考える時間は本当にムダである。それだけ考えて、「結局行かない」、となれば、その問題は明らかだ。

 

 

 高価なものだから、失敗したくない!という前提があるから、行きたい店のホームページを何度も見たり、出勤スケジュールの確認したりして、いかに高い満足感が得られるかどうかを何分、何時間の単位で考える。

 

 

 その間頭の中がそれで満たされてしまい、風俗以外のことが考えられなくなってしまう。果たしてその無駄になった時間で自分に何ができたのか。

 

 

 

 

今回のまとめ

 風俗に行くときにまず、犠牲になるのが、この「お金」「時間」だ。

 

 

 何度も何度も風俗に行っていて、そのループから抜け出す方法としてはいくつか考えられるが、ファーストステップとして、まず、この失われたお金と時間で自分に何ができたかをしつこく考えていく必要がある。

 

 

 1回あたり、3万した風俗の代わりに何が買えたか、風俗に行くか行くまいかで一日中悩んだときは、その1日でほかに何ができたか。1日単位で考えると実感がわかない場合は、週単位、年単位で考えると、その膨大さがより意識されると思う。

 

 

 今後の自分の方針としては、年齢のこともあり、そろそろ風俗を絶ちたいと考えている。

 

 

 行きはじめた頃は、何かの興味本位で数か月に1回程度行くようなものだったのが、何か嫌なことがあったりした時の精神的安定剤に変わり、最近では風俗に行くことが習慣的行事になってきている。今後も風俗を絶つ方法を色々模索していきたいと思う。

MOS試験について(ワード編)

 MOS試験のワードを受験しまして、合格しました。

f:id:saya1988:20180811152511j:plain

 しかも満点。

 先日、エクセルの方も合格したので、これで、ワードエクセル双方合格したことになりました。

 

独学する場合

 独学についても、市販の問題集を買って、模擬試験をコツコツ繰り返しておけば、問題ないかと。問題集がどれでも良いと思います。落とすような試験ではないので。

 重要なのは模擬試験です。試験に受かるだけが目的であれば、模擬試験だけ、繰り返しやって、どういう問題がでるのか、ということを頭に刷り込んでおけば、それだけでも効果があると思います。

 ※Macを使っている方へのの注意

 注意点ですが、普通問題集の巻末にCD-ROMがついてて、それが模擬試験集になっています。全ての問題集を見たわけではないですが、おそらくそういう具合になっています。そのCD-ROMですが、残念ながら MacOSでは読み込むことができません(全ての問題集付属CD-ROMがどうであるかどうかはわかりませんので、購入時には確認が必要です)。こういうところがMacの嫌なところ。また、Macで問題集進めようとすると、そもそもMacOSにおけるワード、エクセルがWindowsと微妙に異なるので、恐らく問題集を進めることができません。よってマイクロソフトオフィスの資格を取得する場合、Windowsパソコンを使用することを強く推奨します。

 

 社会人の場合、事務職であれば、大抵の人はワードの基本的な扱いは自然と習得しているため、エクセルより難易度は簡単です。

 

学習期間

 前提として、ワードの知識があり、時間とやる気があれば、二週間ぐらいで合格できます。

 

 

資格取ってみて

 大学のレポートを書くときに、レポート内に参考文献の引用表示をする必要があるのですが、スペシャリスト試験で対応できます。昔、社会人になる前に行っていた大学の時もレポート作成していたけど、その時、引用とかどうしていたんだろう?確実にそのときにワードの参考文献機能なんて使っていなかった。というかワードでなにが出来るのか自体何も知らなかった・・・。

 また、レポート作成してから、大学指定のレポート用紙に差し込み印刷しなくてはならないんですよ。その際、元の文書の余白設定や印刷設定を変更しなければならないのですが、これもスペシャリストで習います。

 まとめると、ワードの使用頻度が急激に増した今現在にとっては、MOS取ってかなりタメになったと思います。

  

 

 

 

ノートパソコンのサイズは11か13か?

新しいノートパソコンは買うときにその大きさ=サイズは重要だ。

 欲しいと思っていたものが複数サイズある場合、そしてその価格が10万以上もする高価なものであったとき、その選択の迷いは究極に達する。

 

 商品紹介のレビュー動画を何度も見たり、購入の感想を記したブログをブックマークしたり、いっそのことなあ、異なるメーカーのサイズ違いを購入することで、迷いを解決したりと、様々な症状が出てくる。

 

 今多くの種類のノートパソコンが発売されている中、11インチ、13インチ、15インチがディスプレイサイズの中心となっている。その中で携帯性を考えると、15インチサイズは重量が2キロ近くいってしまうので、多くの方がノートパソコンに望む、「気軽に持ち運びができる」ポイントとしては、15インチは選択肢から消える。

 

 こういった論理構成により、消費者は、11インチor13インチかという悩ましい選択肢を迫られることになるのだ。

 

両サイズ持っている者からの意見

 私個人としては、MacBookAirの13インチ、DELLのInspironの15インチ(ほぼ使っていない)、ASUSのEeeBookの11インチを所有している。

 15インチは冒頭にも記載したとおり、当記事の比較からを除外したとして、残りの2つの実際の使用加減についてであるが、意外にMacの13インチに大きいなと日々感じている。おそらくその理由はそれまでEeeBookの11インチをかなりの頻度で使っていたためである。

 11インチを日常的に使っていたユーザー視点からは13インチはデカイと感じた。もちろんMacがかなり優秀なパソコンであるから、11インチと比較してなんら不満はない。ここで重要なのは、一旦小さいものをかなりの期間使っていると、標準のサイズと思われるものについて、その実際のサイズよりも大きめの認識をしてしまうものだなと感じた。ここ結構重要だと思うので、サイズで迷っている人は少し意識すべきだと思う。大きさというのは、単独で成り立っているものではなく、必然的に比較を伴うものです。

 例えば、スマホって昔は4インチぐらいの大きさが主流だったけど、5、6インチを超える大型のスマホが出て来た時、かなりデカイという感想をもったはずだ。

 それが、いまではその大きいサイズのスマホが主流になっているため、機種変更をした時もあまり差を感じなくなっていると思う。

 

じゃあ、どっちを選ぶべきなの?

まず、11インチ、13インチのどちらか良いかについて、結論から言うと、

「13インチ70%、11インチ30%」

といったところだ。ここまで来て、どっちを選ぶべきかを示さないなんて卑怯だという意見はあるかもしれないが、それは仕方がないことだと思っている。

 理由としては、そのノートパソコンを使う場所、その時の自分のコンディション、使用する目的によってどちらか適切か好みが分かれる、と感じたからだ。

 13インチの比重をだいぶ高めにしたのは、上に掲げた好みについて、13インチサイズであれば、どれも満遍なく各個人の好みを満たせると思ったからである。

 持ち運びの点については11インチに軍配があがる。数値でいうと2しか違わないが、11インチの方が重量、バッグに入れる手軽さなどかなりの差がある。もちろん13サイズもこの携帯性についてはなんら不自由はないが、重さがどのメーカー製でも1キロをオーバーしてしまっているため、11インチの手軽さを知ってしまうと、少し重いなとか、大きいなと感じるユーザーがいると思う。私もその一人である。

 ネット閲覧やなんらかの作業など、ディスプレイを見ながら何かを行うことについては、13インチに軍配があがる。ディスプレイが大きく、解像度もあがることからこれも必然の結果だと言える。11インチでももちろん問題ないが、実際使ってみると、画面が小さく見づらい。ネット閲覧だと11インチの画面の小ささが災いしてだいぶコンパクトにまとまってしまい、13インチから11インチに乗り換えると、結構差が生じるのではないかと思う。

 

 このようにどちらのサイズも一長一短あるため、明確にこっちのサイズを選ぶべき、という結論を出せる人はいないと思う。だから私は比重で表したのだが、まあ、ノートパソコンに必要な機能そしてそれが発揮されるパフォーマンスの面を検討すると、13インチであればそつなくこなせるので、双方のサイズに大きな価格の違いなどなければ、13インチを選んでおけば無難かと思われる。

 

 あとはもちろん、店舗で実際に見たり触ったりしてみて、サイズ感を確認することも大切。ただ、実際にそのパソコンを買って家で触ってみると、店舗で触ってたよりも多分大きめに感じると思うよ。多分、店舗の売り場スペースが自分の部屋より大体のケースで広いはずだから、そこと比較されちゃうんだろうね、それで、狭い家の空間で実物をみると、小さく感じるという現象が起こる。