現実

現実を見つめ直す。

日常の憂いとともに、椎名林檎の『無罪モラトリアム』を聴いてみた。

世紀末の頃は特に退廃的な雰囲気が日本にも若干あって、コンピュータの世界では、「2000年問題」とかいって、1000年代の表記が終わる2000年に、コンピュータ上のトラブルが発生するっていう風説が流れたぐらい。音楽業界でも、この世紀末感は健在で、どこか退廃的な空気があった気がする。

 

 

こういう時代の中で、女性ソロアーティストとして、稀代の表現者として世に登場したのが椎名林檎小学生のころ『本能』が凄い流行って、存在自体は勿論知っていました。が、改めると、椎名林檎ソロの曲を真剣に聴いたこと、ありませんでした。当時はビジュアル系の音楽シーンには凄く詳しかったのですが、いわゆるロキノン系のミュージシャンに少し抵抗感があったことは否めません(勿論単なる先入観でしたが)。

 

 

社会に出るような大人になると、この先入観のせいで、色々勿体無いことをしてきたなーと後悔する場面によく遭遇します。「売れているから、真剣に音楽をやっていない」、「自分で作詞作曲をしてこそ、真のアーティストだ」みたいな根拠のない先入観。その人自身の背景とか、このグループ、ソロ、曲がどういう状況で生み出されたかをあまり考えたことがなかった。こういう表面的(=物質的)でなく、もっと立体的、言い換えれば、精神的に社会を見ることができれば、人としてもう少し充実した人生を送れたのではないか?なんて、隣の芝生は青い状態になるもんですよ。

 

 

さて、今では、東京オリンピック関係の音楽もやるなど、日本を代表するミュージシャンの一人である彼女が、世間的に広く知られるようになったのは、やっぱり『本能』のPVのナース服でしょうが、アルバムとしては、『ここでキスして』が収録されている『無罪モラトリアム』(1999)でしょうか。

 

無罪モラトリアム

無罪モラトリアム

 

 

椎名林檎史上、最大のヒット作は次作の『勝訴ストリップ』でその売り上げ250万枚。それも凄いけど、今作は椎名林檎のファーストアルバムであり、原点。

 

 

ウィキには「約1年半チャートインし続けるというロングヒットを記録」とあるが、凄いな。CDが爆売れしていた時代ではあったけど、今でも年間通して売れ続ける曲ってないよね。そして、もっと凄いなって思うのが、これを作った時の年齢が20歳だったってこと。音楽は努力も必要だけど、才能も必要だってことがよく分かるね。実際には、収録されている曲を高校生ぐらいの時には、原曲作っていたみたいなので、凄いな。

 

 

アルバムをフルで聴くまで『ここでキスして』しか知らなかったけど、みんな良い曲です。昭和歌謡曲風なんだけど、それを当時の世紀末の世相を表現していて、退廃的。この退廃観が次作の『勝訴ストリップ』の『罪と罰』に昇華される。

 

 

このアルバムに特に限ったことではないけれど、椎名林檎のアルバム通じて、部分部分にレトロ、パンク、ポップ、バラードそしてロックの面があって、歌詞も人間の内面を吐き出していて、アーティストとして表現力の才能がありすぎる。普段、洋楽ロック聴いている人でも聴ける邦楽ロックの名盤。

 

 

 

 

欅坂の2期生に元銀行員って、今後最強だな。

今注目しているけやき坂にも3期生が入りましたね。

 

 

乃木坂と欅坂とけやき坂の合同オーディションだったので、入るメンバーはかなり多め。最近卒業するメンバーが多かったから、各グループも世代交代が激しい。

 

news.yahoo.co.jp

 

ヤフーでも取り上げられるなんて。乃木坂の功績はやはり大きいな。

しかも、乃木坂はもう4期生か・・・・2期生がますます不遇になるな。

とはいえ、それなりにオファーはあったりするから、乃木坂のブランドは今後もかなり協力なんじゃないかな。

 

 

欅坂の2期生で、経歴が「元銀行員」ってどんだけインパクトあるんだよって、それだけで、面接受け最強だと思った今日この頃。19歳ということは、高校卒業後すぐに銀行に就職したってことなのかな。

 

 

欅坂グループは、選抜とかの仕組みがないから、安心して見られる。もちろん、人数が多くなっていったら、仕組みが変わるかもしれないけど、現状としては、みんなキャラが立っていて、見てて楽しいから、選抜とかで露出する機会とかが減ってしまうのは嫌だな・・・。まあ、欅坂は握手会が凄い好調みたいだから、人気が途切れることはないんだろうけど。

 

 

 

DIR EN GREY『MISSA』1997

 このブログで、DIR EN GREYのことを扱っている以上、アルバムのレビューに触れないということはないでしょう。

 先日、最新アルバムの感想を書きましたが、デビュー時からのアルバムの変遷を辿っていきましょう。

 

 

『MISSA』

MISSA

MISSA

 

 

DIRのファーストインディーズアルバムです。

最新アルバムの比較すると「これが同じバンドなのか」と疑う人がほとんどでしょう。

ギターの音圧もドラムの手数も、そしてボーカルの音域も圧倒的に違います。

自分の思い出としては、メジャーシングルの「ゆらめき」で彼らを知ることになりましたが、このMISSAのGARDENでより彼らのことをもっと知りたい、と思わせた曲が収録されているので、貴重なアルバムではあります。

 

 

『MISSA』

1.霧と繭

2.S

3.Erode

4.蒼い月

5.GARDEN

6.秒「」針

 

 

1発目の霧と繭ですが、ボーカルの不気味な囁きで曲が始まります。そして、重たいドアが開くSE付き。たとえて言うなら、名探偵コナンのCM明けのかのごとく。

曲調はザ・ビジュアル系。ドラムのツタツタとともに、ビジュアル系独特のギターサウンドが展開されます。ボーカルについては、この頃から歌詞の聞き取りが難しい。元々は「惨劇の夜」っていうかなりいわくつきの歌詞とプロモでそのままだと収録できないということで、大幅に修正された、と聞いたことがあります。ちなみに2012年の「輪郭」で再構築されました。サウンドがへヴィ化したDIRから入った、という方はこの再録Verでしか「霧と繭」は聴いたことがないと思いますが、再録版は原曲と全く違う曲調になっているので、昔のDIRも聴いてみたい、とう場合は一聴の価値はあると思います。

 

2曲目のSですが、確か作曲のクレジットが京になっていたと思います。曲調はこれもザ・ビジュアル系といった感じ。歌詞が全てカタカナというのも、ビジュアル系ですね。めちゃめちゃ激しいわけでもなく、目玉になる曲ではないですが、結構クセになる感じで、スルメ曲だと思います。シャウトの部分が、歌詞ではなく、相変わらず何言っているかわからないため、「いない最愛愛!!」と自分では解釈していました。

 

3曲目のErode。良い曲じゃないですか?あんまり目立たないけど、後半のサビに絡まるギターがなんともカッコよい。歌詞も恋愛関係のもつれをかなり悲劇的に描写していて、最高。

 

4曲目の蒼い月は、DSSの武道館でDVD化されているのですが、昔のライブでは、永遠にBlue&Dieの部分が繰り返されて、かなり盛り上がる曲でしたね。このBlue&Dieの部分がCDだと何回聴いても聴き取れない・・・・。何度聴いても「ベン!!アンダーイブ!!」に聴こえる。

 

5曲目のGARDENについては、インディーズ時代の名曲で、ギターがめちゃめちゃカッコいいなと、思ってました。疾走系のビジュアル系ソングです。ボーカルの発音は相変わらず聞き取りにくいですが、サビの部分もカッコいいですし、間奏部分も賛否両論ありますが、個人的にはいいなと思ってます。

 

ラストの秒「」針。漢字の間の「」は何を意味するのかな、と未だに思ってます。ラストにふさわしい、スラッシュ系です。後にSix uglyで再録されますが、個人的には、MISSA版のほうが好きですね。サビラストの「TO SLY」のコーラスって誰が歌っているんですかね?京だとしたら、かなり声質が違うと思うのですが。ちなみに一曲目の霧と繭オープニングでドアが開く音のSEがあることは既に言いましたが、秒「」針の終わりでしっかりと開けられたドアは閉められます。

 

 

 

 

まとめると、ビジュアル系好きであれば、かなり好んで聴くことはできると思いますが、総合的なクオリティーとしては、録音環境の向上等により、今のビジュアル系インディーズバンドのほうが、より高い作品を作れると思いますし、また作っていると思います。へヴィ化したDIRの軌跡を辿るという意味では、ファンは秘聴だと思いますが、何よりも重いサウンド命というリスナーは一回聴いて二度と聴かないと思いますね。

 

 

評価★★☆☆☆