現実

現実を見つめ直す。

私とV系~原点回帰 LUNA SEA~

 DIR EN GREYガゼットを聴いてどっぷりとV系の沼につかることとなりますが、その当時に聴いていたこれらのバンドは、長い歴史上の中途に位置するバンドであり、若い人にはどうしようもないのだが、源流やその周辺に位置する重要バンドのフォロワーを聴かざるをえない以上、「このボーカルのデスボイスは唯一無二」だったり、「このバンドの〇〇が世界で最速の早弾き」とか、ほざいてしまうことは環境上、どうしようもないことです。

saya1988.hatenablog.com

 

saya1988.hatenablog.com

 

 

 かつて自分もそうでした。なんて独創的なビジュアルなんだろう・・・なんてメロディーが素晴らしいんだろう・・・みたいな。

 

 

 

 長いこと聴いていくと、そのバンドが尊敬するバンドを雑誌やコラムなどで知ることになる。そこで、初めて自分が聴いていたバンドが、歴史上の中途に位置しており、結果的に模倣に近いものだったんだ、と思い知ることになるのである。これって、一つのバンド、ジャンルに限ったことじゃなくて、邦楽から洋楽への流れも同じことが言えると思う。

 

 

 

 長い前置きはさておいて、こんかい話題にしたいのが、タイトルにもあるとおりLUNA SEAです。結局のところ、LUNA SEAのことを最初に知るのって、絶対に河村隆一のソロからの「I for you」なんだよね。必然的に(もちろんI for youも名曲。なにげにギターソロ最高じゃない?)

 

 

 

 かくいう私もこのような種類の人間でして、凄いビブラート効かした独特の歌唱方法のボーカルに、結構見た目はロックの感じのギター、ベース、そしてバラエティ番組でよく見るドラムという組み合わせが、ほとんどの人の初見の印象だと思う。

 

 

 

 自分にとって、高校生ぐらいの時期にガゼットをよく聴いていたから、当然彼らの尊敬するアーティストとかを調べることになるんだけど、全員が口をそろえて、LUNA SEAの名前を出していた。Xと並んで日本のV系の歴史上かなり古いバンドになるから、その当時の若手バンドで聴くとしたら、やっぱりそこらへんになるのかな~と感じてはいたのだけれど、自分自身はLUNA SEAの曲はほとんど聴いたことはなかった。

 

 

 

 自分の好きなバンドが口を揃えて尊敬するバンドだから、一体どんなバンドなんだろうという気持ちで、早速ブックオフにいき、LUNA SEAの2ndアルバム「IMAGE」を買って聴いてみた。

 

IMAGE(DVD付)

IMAGE(DVD付)

 

 

 

 

 

・・・・なんだこの退廃的な雰囲気と、おどろおどろしいボーカル、そしてイカしたギターは!!!という感想で、2曲目のDejavuですっかりハマってしまっていた。まあ今でこそ思えば、DIRとかガゼットを聴いて、すんなり受け入れている人間が初期のLUNA SEAを聴けないわけはないのだ。なぜなら、バンドのコンセプトだったり、メロディーラインだったり、ほぼすべてのV系バンドは間違いなくLUNA SEAの影響を受けているからだ。特に初期のLUNA SEA」(アルバムの方)「IMAGE」を聴いてもらえばわかるとおり、基本的なV系の世界観はすでにそこで完成されてしまっている。

 

 

 

 自分自身の話に戻ると、その後、彼らのその当時の最高傑作である「MOTHER」と次点の「STYLE」にドはまりして、一層V系の沼につかり抜け出せなくなりました。このレベルまで行くと、まわりの学生でV系に詳しい人を探すのは中々難しい。自分の高校時代の青春といったら、リアルタイムで聴いていたバンドではないが、まだにこのLUNA SEAなんだよな~。プラスこれをきっかけに洋楽のハードロックそしてメタルへと足をさらに踏み入れることとなってしまう・・・。

 

MOTHER(DVD付)

MOTHER(DVD付)

 

 

STYLE

STYLE

 

 

 この2つのアルバムの話をすると、凄い長くなってしまうので、自分の胸に秘めておくが、それほど良いアルバムです。ボーカルが苦手でLUNA SEAを敬遠している人は本当にもったいない。ビブラートが苦手だっていう人は、なるべくMOTHER以前の初期作を聴いてみてもよいのでは、全然声質が違うから。

 

 

 曲レベルでいうと、「ROSIER」、「TRUE BLUE」、「DESIRE」らへんがまあ聴きやすい。後期の曲でおすすめは「gravity」とか。完全の初心者は、2000年の「PRIOD」というベストがいちばん入りやすい。昔の激しいインディーズの曲が再録されてたりするから。

 

 

「The Insulated World」ざっくりとしたレビュー【DIR EN GREY】

 

f:id:saya1988:20181006232836j:plain

不気味なジャケット・・・。

 

 

 

 

 前作から約3年9か月ぶりの10枚目のアルバムが発売されました。シングルの「詩踏み」「人間を被る」が結構いい感じだったので、アルバム発表当時から期待していました。

 

 

 最近はあまりCDを買わずにApple musicでひたすらストリーミングで聴いていたのですが、今回は新しいワイヤレスのヘッドホンも買ったことだし、せっかくなので、発売日にCDショップで買うことにしました。

saya1988.hatenablog.com

 

 

 最近はCDショップもかなり減ってきているみたいで、以前は駅前に数店舗かあったのですが、1店舗(残りはブックオフみたいな中古品売り場)のみになってしまって、しかも品揃えが全然よくないという状況。

 

 

 それで、仕事終わりに寄ってみたのですが、なんと発売日は売り切れ・・・でした。

 熱心なファンしかDIRのCDは買わないので、いつも初動売り上げはとてつもない売れ行きなのですが、今回はまさか発売日に売り切れ。さすがに電車乗って大きいCDショップまで行く気力は無かったので、その日は諦めました。

 

 

 次の日に行っても、入荷されておらず、そのまた次の日も・・・こんな感じで最終的に手に入ったのが、1週間後の10月頭でした。昔はフロア全てがCD売り場で、品揃えもよかったり、V系コーナーも作られたりと、充実していたんですが、今はスペースが6分1ぐらいになってしまって、扱うCDも限定的なものでかなり寂しいです・・・。

 

 

 さて、肝心のアルバムですが、アマゾンのレビューにもチラチラあるように、過去のアルバムと比べると、最も激しい仕上がりになっていると思います。歌詞の内容も、これまでは比喩を用いたりして、内容はかなり難解なものでしたが、今回はかなりストレートに表現していて、初見で見て、なんか・・すごい・・・ネガティブさというか、深いところまでは語れませんが、精神的、肉体的にも痛々しい内容となってます。

 

 

 また、全ての曲に「生」と「死」といったような共通の内容を表現していて、アルバム全体を通して、壮大なテーマが貫かれています。最後の「Ranunculus」については、事前にPVも公開されていて、アルバムのリード曲となっていますが、歌詞の内容に救いがあって、ARCHEにも通じるものがあるなーと個人的に思ったりしたのですが、このアルバムの終わりに見事にハマったと思います。全体を通したうえで最後のこの曲を聴くと完成度高いなーって思いますね。

 

 

 前作「ARCHE」からかなりの期間、過去のアルバムを冠したツアーをやっていたため、このアルバムにもそういった趣向が反映されているというレビューもあったりしますが、私は楽器とかをやっているわけではなく特段音楽に詳しいわけではないので、詳しくは分かりません。ただ、メタル要素は薄いです。また、ヴィジュアル系っていう感じでもないので、このバンドのジャンル分けは本当に難しい。Vocal(DIRの場合はVoice)の京の声の多彩さがかなり激しく、今まで聴いたことのないようなシャウトもあり、一体、喉の筋肉どうなってんだって感じです。

 

 

 個人的には、1曲目から3曲目「軽蔑と始まり」、「Devote  My Life」、「人間を被る」の激しい流れが好きで、結構リピートしています。特に「人間を被る」のシャウトがアルバム版のほうが好み。

 

 

 

4インチスマホ難民の行きつく先は・・・【iPhoneSE難民】

 最近スマホの大型化がどんどん進んでいて、多分昔のように片手ですいすい動かせるサイズは今後絶滅するのかなーって思ってたりしてます。だって、4インチレベルのスマホってホントに今ないですよね。メーカーのラインアップにももう無くなってる感じだと思う。

 

 

 自分もあまり手は大きいほうではないので、あまりにサイズの大型化が進んだりするとちょっと困ったりするのですが、そんな私が普段使っているスマホはもちろんiPhoneSEです。

 

 

 最大の武器はなんといってもこのサイズ感なんですよね。マジでこのサイズ最高ですよ~。価格も安いし、スマホに10万も出せないよーていう普通の人には本当に普通のスマホです。

 

 

 そんなPhoneSEもホームページのiPhoneのXS発表以降、ラインアップから消えてしまって、少し寂しいなーと思うのですが、通常の販売店とかではたまにまだ見たりするので、完全に手に入れる方法無くなったというわけではないのですね。

 

 

 

 タイトルにもあるように、私のような小さいサイズのスマホを愛用してるユーザーは今後どの方向に向かって舵をとればよいのでしょうか?望むべくはAppleに日本現地でiPhoneSE並みのサイズのスマホシリーズを販売してもらよう求めるぐらいしか思い浮かびません。しかし、会社はビジネスであり、趣味で経営しているわけではないので、そこまで利益の出ない、需要のないスマホを販売してもしょうがないですからね。

 

 

 

 そもそも大画面スマホに本当に需要があるのか?むしろメーカーが大画面スマホしか売らないから、ユーザーもそれを買わざるをえなくなって、結果的に小さいサイズのスマホが淘汰されているとも思えるのだけど・・・。

 

 

 

 

 ちなみに、日本国内では、SEは根強い人気があるみたいです。

headlines.yahoo.co.jp

 

 通常の使用レベルだとSEで十分なんだよな・・・OSのアップデートで動作もサクサクだし、カメラ性能やゲームを求める場合はちょっと厳しいけど。

 

 

 

 

 SEでよかったなって思うときは電車の中で立ってスマホいじるとき。揺れるから、つり革に手をかけるとき、SEなら片手で操作できるから、すごい楽。これが両手操作となると、危なくてスマホ触れない・・・。

 

 

 

 音楽聴くのもサイズが小さいから、ipodユーザーも親近感があって使いやすいと思う。そもそも、ipadクラスのタブレット持ってれば、大画面スマホってそこまで必要かなーとも毎度思ってしまう。

 まあ余裕があるのであれば、格安の大画面スマホと2台持ちすれば全て解決するか!

 

 

 

 ということで、最強はiPhoneSE+Andoroidの格安大画面スマホの2台持ちに決定。